道具

おたふく又はかぶら槌

長さが短く、鏡面(たたく面)が大きいのが特徴。彫金では一番一般的な金槌ですが、近年ではジュエリー用の小ぶりな物が多く、私共の使用する大きさの物が市販では見つかりません。あっても形が悪い物や、鏡面の焼き入れが甘いもの、柄を添える穴がずっていたりとなかなか自分に合った物を見つけるのは困難です。
鍛冶屋さんに作って頂くのも手ですが、その鍛冶屋さんすら見つけるのが困難なのが現状です。

からかみ槌

長さが長く、重さがあり、大きな鏨や刻印(当方ではコックイと呼んでいます。)鏨を使用する際に使用しています。こちらはまだ手に入れやすい金槌です。

蹴鏨

蹴彫用の鏨、一回金槌で叩くと三角状の点ができます。これをリズム良く蹴り上げるように鏨を走らせることにより、点の集合である直線や曲線を自在に彫ることが出来ます。飾り金具を製作する上で蹴り彫りは必要不可欠な技法です。

毛彫り鏨・縁鏨

主に金具の縁取りや上彫り(綸子や幾何学模様)に使用、大小あらゆる形、大きさの種類が必要で、当方も一番多く所有している鏨です。

一文字鏨

主に縁取りに使用、まっすぐな鏨。長さもいろいろあり、数多く所有しているほうが便利。

キメ鏨・ゲジ鏨

上の2つの鏨の刃にキザキザ模様をつけた物で、主に植物や家紋、動物を彫るのに使用。

魚子(ななこ)鏨

輪模様ではありますが、その大きさは0.数ミリから数センチ大まで様々。金物の柄以外の地と言われる所に輪を規則的に並べます。その模様が魚の卵を敷き詰めた様に見えることから、魚子(ななこ)と言います。一見地味で単純な模様ですが、ミクロ単位のずれもなく、規則的に蒔く(彫ることを蒔くと言います)のは難しく、魚子彫りのみを業とする職人が存在する程です。
時間短縮のため 輪を二粒、三粒と複数並べた鏨を刻印魚子と言い、粒が少ない程、技術的、時間的手間がかかるため、技術料も高く、高級品となります。

  鋤鏨

鋤彫りに使用。片切りと両切りがあります。

ボウズ鏨

ヤニ彫りなどの打ち出しに使用。

切り鏨

直線、曲線の鏨、刃が鋭く、金属の切断に使用。

木矢

ヤニ彫りなどの打ち出しに使用。

金鋏

金属用の鋏(はさみ)。使用にちょっとした技術が必要。

木槌

金属の反りや歪みを取り除くために使用。当方では、職人手作りの物を30年程寝かせたものを使用しています。(硬さが違います)

鑢(やすり)

京都の職人さんの手作りの物です。切れ味が違います。

鳥口

金具の形成や、調整などに使用。

松ヤニ

松ヤニと地の粉、菜種油を調合したもの。熱可塑性があり、温めてやることで好みの硬さにできます。うっとり用、打ち込み用(夏用・冬用)などがあります。

金床

主にこの上に金物をのせ、彫金します。

あて

樫の木でこの上に金板をのせる。

トップページへ